運動はできないと思ってる、A子さん
何かと言い訳して続かない、B恵さん ダイエットしても変われない、C美さん
何かと言い訳して続かない、B恵さん
ダイエットしても変われない、C美さん
ダイエットしても変われない、C美さん
ホリデイならできないができるに!続かないが続くに!変われないが変われるに!
春からはじめるカラダづくりで、健康でおしゃれな自分に。
キュッと締まったお腹になろう!
体が痩せるだけでは美しくはなれません。過度な食事制限は筋肉も一緒に落ちてしまい、代謝が下がって太りやすくなってしまいます
運動で筋肉をつけてくびれを目指しましょう。
体重だけが落ちても、ウエストが細くなる訳ではありません。
体重が減っても、筋肉より体脂肪が多い人は体がふっくらして見えてしまいます。体重よりもまずは体脂肪を落としましょう。
一般的な腹筋運動だけではお腹の前側は鍛えられますが、お腹周り全てを引き締めることはできません。
くびれをつくるには腹直筋、腹斜筋、背筋の3方向から刺激するのが 効果的。
お腹の引き締めには呼吸も大事です。
トレーニング中、息を吸う時は下腹をふくらませ、吐く時はお腹に力を入れて横隔膜を刺激することで、効果的にウエストを引き締めることができます。
体への負担が少なくお腹を集中的に
引き締めることが
できます。
腰を鍛えることで
背中全体もスッキリ。
くびれづくりにも 最適です。
脇腹を引き締めて
くびれづくりに。
美しいウエストラインを目指します。
お腹周りの脂肪燃焼に効果的な動き
のみを集めた
ターゲットアブス。
お尻のたるみが目立ってくる
のは、筋肉の減少が大きな原因。
筋肉は30歳をピークに衰え始め、
高齢になると半分以下に落ちる
と言われています。
引き締まったお尻には、
筋肉が不可欠なのです。
鍛えようと思っても、普段使わない筋肉は動かしづらいものです。
まずは軽いウエイトから始めて、お尻の筋肉を意識しながら動かすことで、
運動効果を高めることができます。
お尻には大殿筋だけでなく、中殿筋や小殿筋など、たくさんの小さな筋肉があります。
ヒップアップを狙うなら、ゆっくり動かすことで、それらの小さな筋肉も引き締めることができると言われています。 
骨盤が後ろに傾いていると姿勢が悪くなり、
お尻がたるんで見えてしまいます。
ストレッチやヨガなどで腰まわりの
筋肉をほぐし骨盤を整える
ことで、
クッと上がったお尻を目指せます!
脚を蹴り上げて、
下半身全体を刺激。ゆっくり動かすのがポイント。
ステップ台を昇り
降りしながら、
シンプルな動きで
脂肪燃焼。
脚を外側に開き、
お尻の上と横を
中心に刺激して
引き締めましょう。
様々なポーズで全身をほぐし、
骨盤や姿勢を
整えましょう。
正しいフォームで筋トレしないと狙った部位以外にも負荷がかかり、効果が上がりにくいです。
マシンは軌道が決まっているのでフォームが安定し、効果が出やすくなります。
トレーニングで伸縮させた筋肉は、後でケアをしないと硬くなり、運動効果が低くなると言われています
脚の筋肉は大きく動かすことが大切、
運動後しっかりストレッチをして
筋肉を伸ばしましょう。
脚の運動をする時、押す動きのトレーニングだけでは前側ばかり引き締められ、アンバランスになりがち。
引く動きを加えると裏側も引き締まり、バランスの良い脚を目指せます。
ランマシンでは歩幅を広くして歩くことがおすすめ。
前の脚に重心をしっかりかけ、
後ろの脚は遠くへ残す
ような
イメージが理想的。
特にふくらはぎが働きむくみも
取れると言われています。
太ももの前側を引き締めれば
しなやかな脚を目指せます。
太ももの裏側も
集中的に鍛えて、美脚をつくり
ましょう。
下半身の筋肉を
つけて、しなやかな脚のラインを
目指そう!
手元でスピードや傾斜率など負荷の調節もできます。
会員の声
会員様からの投稿を随時更新しています。 [ 最新投稿日: ]
  • | | |

  • | | |

  • | | |

  • | | |

  • | | |

  • | | |

  • | | |

  • | | |

  • | | |

RISOBO
秋の入会キャンペーン
WEB入会はこちら お近くの店舗を探す